前へ
次へ

過払金返還請求をする場合について

過払金返還請求訴訟が頻繁に起こっています。法的知識を持っていない素人が自分一人で裁判を起こしても、かえって不利な結果に終わってしまうことが多いです。また、手続き自体が複雑であるため、最初から専門家のサポートを受ける人が大半です。この過払金返還請求の場合、訴訟の目的とする金銭債権の額がいくらであるのかによって、管轄裁判所が変わってきます。訴額が140万円以下であれば簡易裁判所の管轄ということになりますから、認定を受けた司法書士に代理人になってもらうことができます。一方、訴額が140万円を超えている場合は地方裁判所の管轄ですので、弁護士にしか代理人を頼むことができません。また、たとえ訴額が140万円以下であったとしても、最初から地方裁判所に訴えを提起する場合には、やはり代理人を頼めるのは弁護士だけということになります。

top用置換

top用置換2
Page Top